トップページ > 女性内科

女性内科

 女性が悩むさまざまな健康問題を、産婦人科的な視点と内科的な視点から解決します。
かぜ症候群・アレルギー性鼻炎・じんましん・メタボリックシンドローム(高血圧・脂質異常症・糖尿病・内臓脂肪型肥満)・冷え性(冷え症)・骨粗鬆症・慢性便秘・膀胱炎・過活動膀胱・貧血・慢性疲労・精神不安定・不眠でお悩みの場合にはご相談ください。


 1)冷え性(冷え症)
常に手足や腰が冷たい症状(体質)が冷え性(冷え症)です。これが原因で頭痛・肩こり・腹痛・便秘・下痢・胃もたれ・腰痛・手足のむくみ・月経不順・慢性疲労感・肌荒れ・ 薄毛・脱毛・集中力低下・抑うつ感・不眠などを引き起こす場合があります。冷え性(冷え症)の原因を一緒に考え、お一人お一人に最適な治療をご提案します。

 2)骨粗鬆症
骨の中がスカスカになってもろくなり、わずかな衝撃で骨折しやすくなる疾患です。折れた部位によって急に要介護状態になる場合もあり、日頃からの予防意識が重要です。特に女性は閉経後に急激に骨密度が減るため、無症状でも骨密度を定期的に測定し、適切な食事と適度な運動を心掛けるとよいでしょう。

 3)過活動膀胱
自分の意思と無関係に膀胱が勝手に収縮する疾患で、脳や脊髄の病気などに伴う場合と、加齢・骨盤底筋の衰え・冷え性(冷え症)に伴う場合があります。医療面接(問診)・「過活動膀胱症状質問票」による点数付け・検査などで総合的に診断します。以下の症状に当てはまる場合には過活動膀胱の疑いがあるため、ご相談ください。

・急にお小水がしたくなり、我慢できなくなる
・日中に8回以上お小水をする
・夜間の就寝中にお小水で1回以上起きる
・お小水を我慢できず、トイレに間に合わない

《過活動膀胱症状質問票》

  症状 頻度 点数
質問1 朝起きてから寝るまでに何回お小水をしましたか? 7回以下 0
8〜14回 1
15回以上 2
質問2 夜寝てから朝起きまでに何回お小水をするために起きましたか? 0回 0
1回 1
2回 2
3回以上 3
質問3 急にお小水がしたくなり、我慢しづらくなりますか? なし 0
週に1回未満 1
週に1回以上 2
1日に1回 3
1日に2〜4回 4
1日5回以上 5
質問4 急にお小水がしたくなり、我慢できずにもらしてしまいますか? なし 0
週に1回未満 1
週に1回以上 2
1日に1回 3
1日に2〜4回 4
1日5回以上 5
    合計点数  

※質問3が2点以上で、合計点数が3点以上であれば過活動膀胱が疑われます。
※過活動膀胱が疑われる場合で、合計点数5点以下は軽症・6〜11点は中等症・12点以上は重症です。

妊娠中・授乳中のくすり相談


 1)妊娠中のくすり相談
 妊娠中の医薬品の投与により、お子さまに悪影響が及ぶ場合があります。これを考える場合には、投与された医薬品の種類や投与時期が重要です。構造異常を起こす(催奇形性) 医薬品もあれば、機能異常を起こす(胎児毒性)医薬品もあります。ただしそれらが投与されたからといって必ずしも異常が出るとは限りません。
 投与された医薬品の悪影響がお子さまに及ぶ可能性を心配されるのは当然ですが、その医薬品が投与される利点や必要性を考えるのも重要です。何でも中止すればいいわけではなく、医薬品の中止がかえってお子さまに悪影響を及ぼす可能性も考えましょう。医薬品の投与が必要であれば、悪影響が及ぶ可能性が少ない医薬品に変更するご相談も承ります。
※医薬品投与の有無にかかわらず、出生児の3〜5%に何らかの形態異常を認めます。

 2)授乳中のくすり相談
 妊娠期に比較して悪影響を及ぼす可能性のある医薬品は少ないですが、(1)と同様にお子さまに悪影響が及ぶ医薬品が存在します。早めのご相談をお勧めしますが、ご相談までに時間がかかる場合には、お子さまの母乳やミルクの飲み具合・眠りかた・機嫌・体重増加などに十分にご注意なさるようお願いします。