トップページ > 福田病院と連携した妊婦健診(連携健診)

 近年の熊本市の年間出産総数は約7000人前後で推移し、福田病院はその半数以上を取り扱う周産期の基幹施設です。当クリニックの副院長は、福田病院で毎週月~水曜日の産科(周産期)外来の担当医として勤務し、胎児診断や遺伝相談を必要とする事例の診療に従事するほか、超音波検査を中心に、周産期医療の実技指導を含む教育を務めています。

 福田病院は多くのハイリスク妊娠症例を慎重に管理する一方で、さらに多くのローリスク妊娠症例を取り扱います。その中には個別の理由で通院しにくい(移動や診療に要する時間をつくりにくい)というご事情に悩むご夫婦が少なくない印象です。そこで日本医科大学多摩永山病院の「母と子のネットワーク」を参考に、病院・診療所の連携を着想しました。

 今後も福田病院で良質な医療が提供されるべく、当クリニックを含む関連施設の協力下に、地域診療の連携体制の強化をはかり、各施設の特性を活かすシステムの構築を試みています。以下の条件にあてはまる場合は、当クリニックで「福田病院と連携した妊婦健診」が可能です。連携健診をご希望の場合は、当クリニックにご相談ください。

連携健診の実施条件

  1. ①当クリニックから福田病院へ、妊娠と分娩の管理目的に紹介されている。
  2. ②福田病院で分娩予約している。
  3. ③福田病院の診察で「当クリニックで管理可能である」と判断されている。

利用方法・スケジュール・注意事項など

妊娠週数 備考
妊娠初期~11週 当クリニックで分娩予定日を決定し、妊娠初期検査を実施します。 分娩予定日決定後に、役所で母子健康手帳の交付を受けます。
妊娠12~15週 福田病院あてに、連携健診申し込み専用の紹介状を作成して発行します。 ご紹介前の時点で、当クリニックで今後は管理できないと判断される場合があります。
妊娠16~20週 福田病院を受診して今回妊娠のカルテをつくり、担当医の妊婦健診を受けます。 医師指定はありません。
妊娠21~24週 月~水曜日に福田病院を受診し、外来受付で「印出医師」を希望します。(※当クリニック副院長による妊婦健診)
当クリニックで管理可能と判断されれば次回から連携健診が開始されます。
当クリニックで連携管理できないと判断された場合は、連携健診を受けられません。必要に応じて帝王切開の手術予約が可能です。
助産師の保健指導を実施します。(各種学級・イベントなどの参加情報を得ます。)
妊娠25~32週 当クリニックで妊婦健診を受けます。 (福田病院で未実施であれば)妊娠中期検査や糖負荷試験を実施します。
福田病院受診を指示された場合は、すぐに福田病院を受診してください。
妊娠33~34週 福田病院あてに、連携健診終了専用の紹介状を作成して発行します。
妊娠35週~ 妊娠後期検査の実施に合わせ、福田病院で妊婦健診を再開します。 医師指定はありません。
  • 妊娠21~24週の福田病院の妊婦健診終了後に、妊娠経過表のコピーを受け取ります。これを病院間の共通カルテとして毎回の受診時に使用します。当院および福田病院を受診するときに母子健康手帳とあわせてご提示ください。
  • 当クリニックでは妊婦健診以外の事由による予定外の診察に対応できない場合があります。なにか気になる症状があって当クリニックを受診したい場合は、当クリニックで対応可能かどうか、受診前に当クリニックに直接ご相談ください。当クリニックの診療時間外で診察をご希望の場合は、福田病院にご連絡ください。
  • 連携健診中および連携健診後にハイリスク妊娠やハイリスク分娩に移行した場合は、二施設間で共同して医学管理するため、ハイリスク妊産婦共同管理料が発生しますのでご了承ください。
  • 当クリニックはエンジェルメモリー(エコー動画配信サービス)に対応していません。